アーカイブ

戸頭夏祭り参加しました!

毎年恒例、戸頭の夏祭りに参加しました。焼きそば、広島風お好み焼き、焼き鳥、チヂミ、わたあめ、ヨーヨー釣り…に加えて、焼き芋、梨、かき氷も出店。学童さんも頑張ってくれました!新入社員(社員じゃない…)のひとしくんも、園長から焼きそばの作り方を伝授されてました( ´∀`)

 

昨年から、父母会も積極的にアイデアを出すようにしている夏祭り。来年もよろしくお願いします。

 

received_m_mid_1408941663749_4905f404a21930c393_0

received_m_mid_1408941692906_1fe036ae131de04c57_0

 

卒園式

23日に第30回目の卒園式が行われました。

今年は年長7人、学童6年生3人が卒園を迎えました。

とねっこの卒園式は格式張ったものではなく、職員と父母、そして園児がみんなで作り上げます。
今年は年中のぶどう組も「踊りたい!」とミュージカル「森は生きている」の曲に合わせて元気に跳ねて踊ってくれました♪

年長さんたちも飛んだり跳ねたり、集中したり。
6年生たちとの太鼓も素敵でした♪

涙あり、笑いありの温かい、楽しい卒園式になりました。

参加してみての感想のある方は、ぜひコメントをお願いします♪

 

 

 

年長そり合宿♪

2月に入ってすぐ、3回目の年長合宿がありました。
行き先は今回も長野県の八ヶ岳へ2泊3日です。

1回目は7月に、車山高原をハイキング。ニッコウキスゲが見ごろだったそうです。
2回目は9月に、今度は入笠山へ登山。
そして今回はソリ遊び。

毎回、東京の大きな木保育園と埼玉のにしき保育園、京都の風の子保育園との合同合宿なので、久々の再会も子どもたちは楽しみな様子です。
いつもより、大人数での生活も行動も合宿ならでは。

はじめてわが子を合宿へ送り出すときは、親の方があれこれ心配してしまいがちでしたが、当の子どもたちは楽しみや期待で胸がいっぱい。もちろん、不安もあったろうけど、いつも一緒の仲間がいれば手をつないで一緒に乗り越えられるのでしょう。
それでも不安の方が大きくなったらいかなくてもいいんだよ、と合宿へ参加するかしないかから自分たちで決める年長さんたち。
6歳とはいえ、もう自立した一人前の人間なんだということに、見ていて気づかされます。

合宿先ではいつもよりスケールの大きな遊びや体験がこれでもか!と子どもたちを待ち構えています。なにせ相手は大自然。空気一つとってみても、保育園とは違います。


ひたすら遊んで、食べて、暗くなったら眠って、朝になったら起きだしてまた遊んで…大人が言わなくても、子どもたちは自分たちで動いているようです。

お泊りならではの夜の散歩も楽しみ。懐中電灯がとても大事なので、年長合宿へ参加する際には頭に着けるタイプのものがおすすめです。
読みかせのほかに、映画会もあるんだとか。本当に楽しいことが盛りだくさんです。

そして、冬の合宿ならではのサプライズ。一緒に参加したお父さんたちの力作、雪のキャンドル!

雪をバケツの中に詰め込んではひっくり返して、重ねて…明かりが灯ると子どもたちから大歓声だったそうです。

子どもも大人も、離れてみて初めて気が付くお互いの良さがあるのでしょう。
いつまでも自分のそばにいるだけの子どもではなく、いつの間にか自分のことは自分で決め、行動して、出来ないときには、誰かに「助けて」と言える力。
まさしく生きていくための基本をしっかりと身に着けた一人前の人間として接していかなければいけないんだな、と改めて感じています。

合宿に送り出す親としてしてやれることは、合宿先で子どもが困らないように持ち物の準備をしっかりして、あとは信じて、笑顔で「いってらっしゃい」と送り出すこと。そして、帰ってきた時に「お帰りなさい」としっかりと抱きしめて、話をいっぱい聞くこと、なんでしょうね、きっと。
信じて見ていれば、子どもは「大丈夫なんだ」と自信につながるし、見ている親も「これでいいんだ」と確信できる、お互いに自立 していける貴重な時間だと思います。

さて、今回の合宿には3人のお父さんも参加しています。
事前に「子どものお世話ではなく、自分たちも楽しむように」と言われた通り、童心に帰って楽しんでいたようです。


お父さん本人の言葉で、参加してみての感想を聞いてみたいです♪
ぜひ、コメント欄への書き込みを。お待ちしています♪

 

 

 

クリスマスツリー

今年も子どもたちが作ったクッキーと、年長さんが作ったリースでツリーをかざりました♪
ガラスには手作りの靴下も飾られています。

皆さんも楽しいクリスマスを♪

 

うんどうかいのおしらせ

10月14日の日曜日はとねっこ保育園のうんどうかいです。

会場は守谷市のみずき野にある「さくらの杜公園」
昨年は放射線量の関係で園舎のホールで行いましたが、今年はまた広々とした芝生の上で思う存分、飛んだり跳ねたり楽しみたいと思います。

とねっこのうんどうかいは予行練習は一切なし。
普段の遊びそのままを親子で楽しみます。
パン食いやリンゴ拾いや芋掘り!なんかもあったり、なんと絵の具まで登場しちゃいます!
思いっきり遊んだ後は、とねっこの畑でとれた野菜を使った芋煮汁をみんなで頂きます♪

とねっこの園児でなくても誰でも気軽に参加していただけますので、 興味のある方は保育園までお問い合わせくださいね。

うんどうかいのポスターができましたら、また改めておしらせします。

 

年長合宿

今日から年長さんは合宿です。
長野県の八ヶ岳山麓で、他園の年長さんたちと交流しながら、2泊3日過ごします。

朝8時の集合に6人全員が元気に揃い、マイクロバスに乗り込んでいきました。
見送りのお母さんたちに「いってきま~す」と笑顔で手を振って出発。

どんな顔をして帰ってくるのか、楽しみです♪

親子遠足に行きました♪

6月30日に今年の親子遠足がありました。
今年の行き先は「埼玉県子ども動物自然公園」
初めて行く場所でしたが、数週間前から園内にパンフレットが貼りだされていたので、子どもたちは毎日眺めては、「これみたいね~」「きしゃ乗るんだ」と期待に胸を膨らませていたようです。

マイクロバスと大型観光バスに乗り込みさぁ出発!
今年は職員と園児親子総勢80名の参加だったそうです。
年々増えているので、来年は大型バス2台になるかも?

高速に乗り東松山市へ。
渋滞に巻き込まれることもなく無事到着~。
集合場所は園内のジャブジャブ池の近く。
荷物をおいたと思ったら、あっという間にみんなお目当ての動物や場所に向かって三々五々に。

何人かは水着に着替えてジャブジャブ池にドボーン!
天気も良く、本当に気持ちよさそう…
こういう時は子どもの方が得ですよね~

ひと遊びするともうお昼。
なかなか探検から帰ってこない親子もいたり…園内は本当に広いです。

動物園よりも近くで動物たちにふれあえることも出来て、大人も子どもも自然の中でのびのびとできた遠足でした。

帰ってきた子どもたちからは「また行きたーい」「次はいつ行くの~」という声も聞こえてきますが…ちょっと遠いかな。
いつも行けないような場所に、同じ保育園の仲間でいけるのが親子遠足の楽しさの一つなんでしょうね~。

参加された方、職員のみなさん、お疲れ様でした♪
感想がある方は、遠慮なく書き込んでくださいね~

戸頭こどもまつり

今年も戸頭こどもまつりに参加してきました(^-^)

昨年同様に「ねんどあそび」のブースを用意して子どもたちを待ちます。
最初は閑散としていましたが、一人座り、二人座り、気が付けば満員状態!

小さくちぎって色々つくる子もいれば、固まりでどーんとつくる子も…
少し空いてきたら、空いているねんどを集めて、頭くらいの大きさにまとめて遊んでいる子もいましたよ。

油粘土とは違う土の感触に付き添いの親御さん達から「楽しい~」とか「気持ちいいね」という声が聞こえてきたり(笑)
大人も子どもに戻れる空間なのかもしれないですね~