園の風景~2013年初夏~

とねっこ写真1

保育園の写真をそろそろ更新しないと…と思っているのですが、なかなかすすめられておりません。
と思っていたところ、園児のお母さんから写真を提供いただきました。ありがとうございます。
とねっこは泥んこ遊び、裸足でかけまわるのは当たり前なのです(^^;

DVC00171.JPG

園舎の前の砂山は大人気です。初めて来た人はびっくりします。
でも、自然の中で育っていく子供達を見ているのはちょっとうらやましいです。
保育園の雰囲気が少しでも伝わるとよいなぁと思います。
在園生の方の写真は随時募集しております。よろしくお願いします!

 

春バザー無事終了o(^-^)o

今年は梅雨入りが早くに発表され お天気が気がかりでしたが
延期することなく無事終了できましたV(^-^)V

在園父母の他 卒園生のご家庭もお手伝いにかけつけて頂き
ありがとうございましたm(_ _)m

事前準備作業~当日まで貴重なお休みのご協力感謝です

この後続く夏祭、秋バザーのご協力
可能な範囲でお手伝い頂けたらと思います!(b^ー°)
皆様お疲れ様でした

バザー担当より

とねっこバザー本日開催します!

とねっこ保育園のバザー、今日開催です。
天気もよさそうですので、みなさんぜひお越し下さい!
10時~15時で、戸頭のマスダの先、郵便局の手前あたりでやってます。
皆様のご協力をお願いいたします(^^;
bazar_place

とねっこ保育園の感想(親の声) Cさん

現在通園している父母の方に、とねっこ保育園の感想を募集しました。
さっそくメールを頂きましたので、掲載します。
今後とねっこ保育園への入園を考えている方の参考になればと思います。

・どこで とねっこ保育園をしりましたか?
ウェブサイトを見て。

・とねっこ保育園に決めた理由は?
初めてとねっこに見学しに行った時に、のびのびと遊んでいる子供たちと
広々とした園舎に一目惚れしました。そして帰り際、外で遊んでいた子供たちに
「バイバイ!またね!」と言われたのが決定打でした。

・実際に入園してみてお子様の様子はどうですか?
とねっこでは年齢でクラス分けされていないので、
常に兄弟がたくさんいるような感じでのびのびと過ごしています。
それでも、年上のお兄さん、お姉さんを憧れの眼差しで見つめ、
年下の子たちは自分の弟、妹のように可愛がっています。
日々の決まったスケジュールもないので、子供たちが自由に
やりたいことを決め、自立心もついているように思います。
そして、一人一人を本当の意味で「見て」くださっている先生方に
感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです。

・今までで印象に残るエピソードお聞かせ下さい
パンツだけで、どろんこ遊びをしている我が子を初めて見た時の光景は
今でも忘れられません。
あれほど解放されて満足気で真剣な表情は見たことがなかったです。

除染作業報告(2013/5/19)

北側の斜面を中心に対応を行いました。

枝、枯葉、木片をまず取り除く作業を行いました。

枝を裁断する機械で細い枝はチップにして土嚢に詰めていきます。

木片などの撤去後、枯葉を集めてやはり土嚢につめていきます。

下の方から園を見上げた状態です。
かなり傾斜のきつい斜面での作業でした。

裁断できない木片や不燃物などを一か所に集めました。
また、子供達が入らないようにネットでパーティションを区切りました。

パーティションは上までつくりました。

木材と不燃物はかなりの量になりました。
ボランティアの方、参加いただいた父母の方ありがとうございました。

最終的に北側の斜面はこのような状態になりました。
あたらしい子供の遊び場になるでしょうか。

今回もボランティアの方に支えられた除染作業でしたが、
前回より目に見えた効果があったように思います。
また、昼の勉強会についても放射線や子供のストレスまで、
幅広く話し合いが行われました。
手賀の杜クリニックの先生との質疑応答は、実際に現場で対応している
医師の方ということもあり、志賀さんはじめ積極的に行われました。

参加された皆様お疲れ様でした。
参加できなかった父母の方もぜひ次回は参加頂ければと思います。
半日でも、あるいは勉強会だけでも参加いただければと思います。

なお、次回は6月23日の予定です。
プールの組み立ても同日の対応になるかと思いますので、
またご案内致します。よろしくお願いします。

 

NPO法人とねっこ保育会としての寄付金の募集について

NPO法人(認定NPOではないです)として、とねっこ保育園の運営改善の為に、

一般の方も含めて寄付金を募りたいと父母会として考えております。

ホームページに口座番号を記載し、「お願いします」という形での依頼はかけたいと思いますが、

それ以外の方法についても検討してみたいと思います。

http://rdlabo.jp/machi-web/useful-85.php

 

除染活動報告(2013/4/28)

4月28日にボランティアの方々を中心に保育園の除染活動が行われました。

父母会からお父さんを中心に協力して頂きました。ありがとうございました。

<図1:事前ミーティングの様子>

 

「災害から2年も経過しているのに今頃除染活動?」

と誤解されてしまうかもしれませんが、既に園庭の主な部分は表土を削る等の対応は実施しています。

今回は今まで重機が入れなかったような狭い場所や限られた場所について対応を行いました。

<図2:今回は表土以外にも線量が高そうな廃材なども対応>

 

役所からは「機械が入れない場所は対応できません」「子供達を近づけないような対応でお願いしたい」

という状況で、結果として対応不可という事になってしまっていました。

とねっこの子供達は縁の下も、狭い場所も大好きですから(汗)、なんとかしないとと思っていたところ、

除染活動に専門に取り組まれているNPOの方々と連携して、対応する事となりました。

<図3:子供たちが安全に遊べるように、と思います>

 

基本的には、線量を測定し、高いものについては土嚢につめて埋めるという対応になります。

(普通にゴミとして廃棄してしまうと、さらに拡散されてしまうおそれがある為)

NPOの方々の指導により、「穴掘り班」「U字溝対応班」「草刈り班」にわかれて対応を行い、

父母会は穴掘り班を中心に対応を行いました。

<図4:表土を掘って土嚢に詰める作業>

 

実際には、線量の高い場所を測定して、都度対応していく泥臭い作業をひたすら進めていく形で、

ボランティアの方を含めて30名前後で対応しても1日では終わらず、

5月中旬に再度作業を行う事になりました。

今回、連休中という事もあり、なかなか父母会での参加者を募るのが難しかったのですが、

次回は父母会としてさらに積極的に参加できればと考えています。ぜひ、ご協力お願いします。

 

<図5:お昼には勉強会も実施しました>

ご支援頂きましたボランティアの方々、本当にありがとうございました。

引き続きご支援よろしくお願いできればと思います。

以下、今回の除染活動について募集頂きましたブログのリンクを掲載させて頂きます。

http://nettoride.blog.fc2.com/

 

 

 

卒園式

23日に第30回目の卒園式が行われました。

今年は年長7人、学童6年生3人が卒園を迎えました。

とねっこの卒園式は格式張ったものではなく、職員と父母、そして園児がみんなで作り上げます。
今年は年中のぶどう組も「踊りたい!」とミュージカル「森は生きている」の曲に合わせて元気に跳ねて踊ってくれました♪

年長さんたちも飛んだり跳ねたり、集中したり。
6年生たちとの太鼓も素敵でした♪

涙あり、笑いありの温かい、楽しい卒園式になりました。

参加してみての感想のある方は、ぜひコメントをお願いします♪